はいかい・・ 徘 徊 [04/25] / 廃屋の  盛衰しのぶ  梨の花[03/28] / 木蓮物語[03/15] / 日本のひなた 棚田遺産認定[03/11] /  いよいよ3月   山桜 開花速報[03/03] /

椎葉山仙人

廃屋の  盛衰しのぶ  梨の花

灯りが消え 人影も絶えて数十年・・・

廃屋が朽ちていくのは早いです

null

仙人の棚田の先駆者として活躍したであろう人々の・・・

往時の 大家族で賑わっていた頃の面影は今はなく・・・

庭先に立つ梨の木は その頃の盛況を物語るように今年も梨の花を開かせています

子供の頃にこの梨の木になったナシを求めて 悪童たちが群がって 老爺から追っかけられたことが懐かしく思い起こされて・・・ 


そこで 一句

   廃屋の  盛衰しのぶ  梨の花    (駄作)



(^o^)/   (^o^)   (^o^)/    (^o^)

水路開設記念碑

平成元年にポリホースに改良された時に古文書を見つけて記録したものです

null

記念碑には慶応4年と記されています

総工費  39円 ・・・ 現在の貨幣価値ではいくらになるやら・・・

先人たちの努力によって開設された水路・・ 総延長は4キロあまり・・・

これの開通によって開田が進められて 旧態依然とした焼畑農業の雑穀食生活からは脱皮したが それでも大家族の胃袋を満たすまでには至らず、ひえ・あわ・とうもろこしなどの雑穀に米が交じる程度の食生活でした
(当時は 米は南郷地区の神門から駄賃付けによって持ち込まれる貴重品でした)

null

開設当時、地堀りの水路は途中でろ水が多く また台風や豪雨による被害などで その修理作業は毎年毎年過酷なものでした

そんな重労働を回避するために平成元年にポリホースに改良したことから
仙人の棚田の水事情は一段と豊富になりました



そんな歴史に想いを馳せながら・・・

まだまだ俺が・・・ と

null

このレンゲソウも満開を前にすき込まれそうです

null

暇を見つけて展望台まで登ってみました

null

咲きほこった山桜が春霞に霞んで見えました

null

ちょくちょくブログに出てきている孫の卒業式も終わって・・・

4月からはいよいよ中学生です
null

21/03/28


[コメント]

山仙人様
今も梨の木は実をつけるのでしょうか。 
私の祖母の家にも祖父が植えたという大きな梨の木がありましたが、実(長十郎)はすっぱく、お世辞にも美味しいとは言えず、子供心にもっと甘い実をつける梨の木を植えてくれればよかったのに・・・と思ったものでした。
祖母は20代で夫を戦争(昭和13年)で亡くし、以来女手ひとつで子ども二人を育て上げ、私のことも数年間育ててくれました。
今思うと、祖父が植えた梨の木が祖母の心の支えになっていたのかもしれません・・・。
(「木蓮の木」さんのお話が祖母と重なります・・・。)
祖母は、私が9歳の時に50代半ばで他界しました。苦労の多い人生だったと思いますが、独身を貫いた祖母は、天国で最愛の祖父と再会し、思い出話に花を咲かせ、幸せに暮らしていることと思います・・・。

お孫さん、ご卒業おめでとうございます。
四月から椎葉中に通われるんですね。
こんなご時世ではありますが、新しい先生やお友達との出会い、部活動など、楽しみですね!(^o^)

21/03/29 すみれ

山仙人様
水路開通記念碑に、当時尽力された庄屋さんである松岡久次郎さんのお名前がないのは、意外ですね。
発起人の松岡三太郎さんと久次郎さんとは血縁関係があるのでしょうか。
例えば親子とか・・・。親の三太郎さんが発起人で、その息子さんの久次郎さんが中心になって村の人々と水路造りに尽力されたということでしょうか。
三太郎さんがどんな方だったのか、気になっています。もしご存知でしたら、教えてください。

21/03/29 すみれ

すみれさん コメントありがとうございます

すみれさんの探求意欲には敬意です

仙人の棚田集落は昔は約20戸の集落でした

庄屋の家は集落の一番高いところにあり標高約600メートル付近にあります

この集落は水が不便なところで「あの集落に嫁に行ったら水運びで難儀するから嫁にやるな」
・・・と 言われるくらい水の少ない土地柄でした 
この渇水難を克服するために 当時の庄屋 松岡久次郎さんが通称「上の井出」を開設しました
 
 慶応時代以前のことのようですが記録に残っていません

 この上の井出の水だけでは20戸もの大集落はまかないきれないので、下手(しもて)の人達10人が話し合って「下の井出組合」を結成して 上の井出から約100メートル下流から「下の井出」を開設しました 
このときの発起人の筆頭が松岡三太郎さんです

発起人として10人の組合を結成して取り組んだ決断と実行には敬意を表したいです

この「下の井出」が慶応4年の開設です
上の井出開設がこれをさかのぼること何年前かは定かでありません

そんな経緯を辿ったために久次郎さんの名前は記録されていません

久次郎さんと三太郎さんとの血縁関係は定かでありませんが ・・・

三太郎さんは松岡伝次郎さんが養子に入った妻の よしさんの父親ではなかったかと聞いたような気がします 

 が これは定かでありませんので後日お墓をみて確認したいと思います
要を得ない説明になってしまいましたが文外をお汲み取りください

21/03/29 shiibayamasennin

山仙人様
お返事ありがとうございます。なるほど、それで久次郎さんのお名前がないんですね。
教えて下さって、ありがとうございます。(^o^)
山仙人様がお書きのように、傳次郎さんはヨシさんと再婚されています。(ちなみに、養子には行かれていません。)
ヨシさんの父三太郎さんは1856年生まれですので、初堀の慶応4年(1868年)ですと12歳ということになり、発起人代表としては若すぎるような気がしています・・・。
昔は襲名などで同姓同名の方がおられたようですので、三太郎さんも久次郎さんも上の代にもおられた可能性がありますね。
この水路開発の件を椎葉村史でも探してみましたが、見つかりませんでした。山仙人様のおっしゃるように、やはり記録がないのですね。残念です・・・。
ですが、上の井出、下の井出というものがあったことを初めて知り、勉強になりました。
さすがは松尾地区のご長老、山仙人様です!ありがとうございます。
次に出される椎葉村史には、仙人の棚田のことが記載されるとよいですね。いえ、記載されるに決まっていますよね!(^o^)

21/03/30 すみれ

コメントありがとうございます
戸籍謄本によってのお節でしょうから年代についてはすみれさんおっしゃるとおりでしょうね
そのことについてTさん(近所の88歳)と昔の話を辿ってみました

三太郎さんは本家は隣の家だったそうです
それが 本家は長男?の文次郎さんに譲って自分はよしさんを連れて約100メートル隣に隠居?して家を立てたようです。そこに伝次郎さんを迎えてよしさんと結婚させたようです。三太郎さんはすごい力を持っていたようで その時に建てた家は当地区では珍しい2階建ての家で私達が悪ガキの子供の頃にはよくかくれんぼなどして遊んだものでした
20年ほど前に解体して新築になりましたが・・・
三太郎さんの父親などその上の人のことはわからないとのことでした

以上 わかっているところだけ・・・

井出開設発起人としては12歳では若すぎますよね
これについては記念碑の記録は順不同で他の人が中堅者が居たのではないか?ということでした

21/04/01 shiibayamasennin

山仙人様
お忙しい中お調べ下さり、ありがとうございます。
発起人代表の三太郎さんは、ヨシさんの父親の三太郎さんではなさそうですね。
小生、椎葉村史で同姓同名の方を見つけました。261ページの「明治18年村会議員名簿」の下段、松尾村の松岡三太郎さんです。
記載された年齢から逆算しますと1845年頃に生まれた方で、慶応4年(1868年)では23歳頃。成人に達していますので、発起人代表となり得るように思われます。
何の根拠もなく乱暴な推測ですが、山仙人様はどのように思われますか・・・。

21/04/02 すみれ

If you are having trouble joining any Tamil WhatsApp group link or any group is not working then you can report to that group. We will check this report. If that group is not running, we will delete that group.

21/04/05 tamil whatsapp group link

Thank you for posting such a great article! I found your website perfect for my needs. It contains wonderful and helpful posts. Keep up the good work!. Thank you for this wonderful Article!

21/04/05 Cobra Kai Jacket Red

Excellent post. Please keep up the great work. You did an amazing job. I really enjoyed reading this blog. I like and appreciate your work. Thank you for Sharing such an amazing article.

21/04/06 Superman And Lois Clark Kent Plaid Jacke

Your post is very helpful and information is reliable. I am satisfied with your post. Thank you so much for sharing this wonderful post.

21/04/13 Jungkook Euphoria Jacket

I adore your websites way of raising the awareness on your readers

21/04/14 solitr online

I learned absolutely everything about my question when I read this post, thanks to the author for the detailed description. I wrote my review on the site you can go in and read. Thank you very much for your attention and your time.

21/04/14 essayexpert.us

say something really

21/04/25 nice

I have read your excellent post. This is a great job. I have enjoyed reading your post first time. I want to say thanks for this post. Thank you.

21/04/26 8 Ball Jacket Seinfeld

Pretty cool post. It’s really very nice and useful post. Keep it up!!

21/04/26 Sonic The Hedgehog Hoodie

By Matt Lieberman Evander Holyfield will be taking on Kevin McBride in a six-round heavyweight exhibition match on the undercard of Teofimo Lopez vs. George Kambosos Jr on Triller pay per view in June 5th. For the younger boxing fans and the casuals, Holyfield vs. McBride won’t do much for them It would perhaps be better if a bigger name were selected for Holyfield’s exhibition fight.

21/04/28 Holyfield fight stream

orange sun

21/05/08 construction loan lenders

Great content and will certainly come back again, good job

21/05/10 electrician companies near me

I wish I could own a house here! Great!

21/05/11 sudoku 247


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

プロフィール

  • 民俗学者柳田国男が椎葉を訪問したとき最初に足を踏み入れた大イチョウの里松尾が私の地区です ボケ防止にとパソコンをはじめてようやくブログまでたどり着きました。これから椎葉の四季を紹介していきますのでよろしく・・・

カテゴリ

最新のブログ

過去のブログ

QRコード

リンク

コンテンツリスト

ページのトップへ戻る