椎葉山仙人

自然界はもう初夏

 毎朝  子供達の通学に付き合いながら・・・

null

これで1日の歩行目標の1万歩のうちの5,000歩を消化していたのに・・・

null


null

またまた コロナウイルスで休校です

世界中に拡散して震撼とさせていますが

収束の兆しが見えませんねー



それでも自然界では・・・

日々移ろう季節は春から初夏の風情に衣替えで・・・

したたるような新緑が目に染みます

null

道すがらの山々や家々の庭先は・・・ それぞれにオンリーワンの花々で賑わっています

ななえやえ  はなはさけども・・・   山吹も木陰で咲いています

null

今どきはふじのはながきれいです

椎山の庭先の白藤も見事です

null


null


null

昭利さんのツツジも・・・

みなさんそれぞれに普段から丹精込めて手入れをしているだけあって・・・

null

その恩返しなのか・・・

1年に1度だけのオンリーワンの晴れ姿で・・ 和ませてくれます

null

中の八重の利夫さんのシバザクラも見事です
丹精込めて徐々に広げて10数年かかったとか・・・

地道な苦労はこんなに素晴らしい形で報われますね

null

そんなみなさんの周辺に比べて・・・

我が家の庭先のなんとさびしいことか・・・



よその家の芝生・・ならぬ花々を眺めながら・・・

日ごろからもう少し花々を愛でるこころがけが欲しかったなーと・・・
後悔しきりです



そしていよいよ造林の草はらいの時期になりました

猫のひたいほどの造林地ながら  まだまだ俺が・・・

で頑張っています

null

1日の労働のあとは晩酌・・・

null

今どきの旬の味はタケノコやウド・・・

早春からもみがらや稲わらをしきつめて管理してあっただけに

白根のところが多くて柔らかく・・・

null

サッと湯がいて酢味噌にキムチを混ぜてピリ辛で・・・


null

これで今宵の晩酌も・・・  飲みすぎました  (*^^*)


20/05/03


春満開です

最近のコロナウイルス騒動は世界中を震撼とさせています

が・・・季節はそんな世情とは関わりなし・・・

・・といった風情で春を謳歌している感じです

仙人の棚田の春の風物詩は土手焼きから始まります

天候をにらみながら頃合いを見て火を放ちます

null




コロナウイルスよりも引きこもり老人・・・孤独老人・・

ボケ老人になる方がよっぽど怖い・・・

とゲートボールやグランドゴルフでコロナウイルスをはね返す健康づくりに励んでいます

null

コロナウイルスで出不精になった分  野菜畑や花壇の手入れができたと・・・


null

朋恵さんの見事な花壇を見せてもらいました

花を愛でる人の心が反映されているような素晴らしい花壇に癒やされました

null



今年もSさんの庭周辺も見事な花をつけました

高山でしか花をつけないというアケボノツツジ・・・

null

40年あまり丹精込めて育てたというだけあって見事な花をつけました

null

これもSさん自慢の白いシャクナゲです

null

数十年かけて育てたというだけあって・・・
純白で清楚な花にはしばし目を奪われます・・見事な花です

null

コメツツジこれも見事です

美郷町西郷区あたりから50年ほど前に移植したとか・・・

年季が入っているだけに見事な樹勢です

null



こんな花々がすぎればこの周辺は紫陽花園に変わっていきます

その頃にはコロナウイルスも終息してほしいものです

null

かりんの花も可憐に咲いていました
null



コロナウイルスで学校を休んでいる孫たちと

山川を散策するのも老骨の楽しみのひとときです

null

宿題や勉強はそっちのけでゲームやパソコンに熱中しているよりも少しはストレス発散になりそうです

null

旬を求めて山に入れば・・・
わらびやダラの芽 タケノコに歓声です

null


null


null


null

今日から新学期の登校が始まりましたが・・・

null

コロナウイルスのニュースから目を離せない毎日です


20/04/07


春近し

うぐいすのこえを聞いたー と言う人もちらほら・・・

null

2月も中旬となれば松尾のゲートボール周辺は紅梅・白梅が花盛りです

null


null

松尾のゲートボール場は夏は涼しく 冬は温かい所なれど・・・

この冬はストーブを入れました

その小屋作りは山仙人の仕事です

まあまあの出来栄えで・・・


null

寒さは防げて談笑の場として好評です



イノシシ肉を焼いたり・・・  山菜料理を作ったりと

いまのところ会員が20名で週2回の集まりが待ち遠しいくらいで賑やかです

そんなゲートボール場に松尾児童館の子どもたちが遊びに来てくれました

null

ナイスショット???

とまではいかなかったけれどひ孫たちからいぱい元気をもらった一時でした

null

20/02/18


遅れ馳せながら   初日の出

元旦に風邪気味で初日の出参拝ができなかったので・・・

遅れ馳せながら3日の朝に笹ノ峠(標高1,340メートル)に登山して参拝しました

我が家を6時に発って まだ暗い山道を登ること20分・・・

null

頂上に着いたのが7時・・・

null


null

日の出前の東の空がその茜色を刻々と彩りを変えていくさまは
形容し難い眺望です

null

麓の村むらは朝もやに包まれて・・・

null

と・・・日の出前の上空をジェット機の姿が見えます

null

日の出を今や遅しと待つこと10数分・・・

・・・ ようやく顔を出しはじめました

null


null

いまやおそし・・・とあんなに待ち時間を長く感じていたのに・・・

null

顔を出すとみるみるうちに昇っていき・・

null

こんなに地球の回転は早いのかと感じる一時でした
持っていったワンカップのフタを開けて山の神にほかい 自分の喉も潤して・・・

家内安全・・ 健康長寿 を祈って乾杯

カンパーイ・・カンパーイ・・バンーザイ・・ バンーザイ

一人で大きな声を出しておらんでみました

  (^o^)  (^o^)   (^o^)

ブナの巨木が朝日に映えて・・・

null


null

朝日を受けたシルエットや・・・

強靭な根を張ったブナの巨木はまさに「神木」
神が宿っているような威厳と風格を漂わせていて その霊気からパワーを感じて思わず合掌です
null

その昔に 村の長老たちから聞き及んだ話によると・・・
  昭和の初期に諸塚村から耳川伝いに開設されたいわゆる百万円道路ができるまでは、
この笹ノ峠道が那須の郷(椎葉村)と南郷村神門地区をつなぐ唯一の往還であったと聞きます
幾百年の歳月を人馬の往来で踏み窪めたであろうこの道のくぼみを見るたびにその時代の人々の苦心の営みが忍ばれます

null

幾百年か生い茂っていたであろうこのブナの巨木も、その使命を終わらせて、

後世にDNAをつないで朽ち果てていくのかなーと・・・

生あるものの生きざま・終焉を見る思いでしばしたたずみました

null

道中にはもみの木やブナの原生林などが鬱蒼としているのにも癒やされます

null

下山の途中から遠望すれば 九重連山から九州山脈のパノラマが開けて・・・

爽快な気分にさせられた初日の出参拝になりました

null

今年もいい年になる・・・   いい年になるように頑張りたいです

今年の目標は・・ 「終活よりも健活で」 を優先して
終活の方は今少し先送りにして・・・

健活・・ グランドゴルフにゲートボール に
ミニバレーも今年まではつきあえるかなー?? 
若妻グループに背中を支えてもらいながら・・・

そして3月からは渓流釣り・・・
多彩な趣味で体も心も健康でありますようにと・・・


追伸  残念ながらこれらの写真・・・
 カメラに写すことに一生懸命で肝心のスマホに写すのを忘れてしまって・・・

ライン  フェイスブックで皆さんに紹介できないのがかえすがえすも残念でなりません

20/01/04


2019年から 2020年へ 年越し

師走・・・ その字のごとし

なんとなく慌ただしい中で年内にやっておかなければならないことが山程・・・

いろいろと不遇な出来事があって賀状を出して喜びあえない環境にある友人知人には
寒中見舞いをしたためました。

null
今年も悲喜こもごもの一年でした
親しい友人知人が不測の病に罹ったり次々と他界したりといったショックで年賀状を出す気にもならないので寒中見舞いにしたためてみました
 暮に八三歳の誕生日を迎えました
心身ともに健康で令和の時代を迎えられたことに感謝です
 自分では「まだボケてはいない」と思っていても はたから見れば
「もの忘れが多くなってなんとなく・?」だそうです
後期高齢者の交通事故のニュースに「いつ免許証を返納しょうか」
と思案中です 来年は気分を新たにして孫たちにパワーを貰いながらグランドゴルフやゲートボール渓流釣りなど多彩な趣味で余生を楽しみたいと存じます 来年もよろしく お願い申し上げます
     令和元年十二月   松岡今朝男



そして 家の周りの囲みの剪定もまだまだ人任せにはできません

今年まではなんとかできました

null

庭先のモッコクの木も伸び放題になっていたのを刈り過ぎたくらいにスッキリと・・・

null


null

門松も例年通りに立てました

null

水神・山神様にも・・・

この1年間水飢饉もなく洪水もなく・・・

平穏に過ごさせてもらった感謝を込めてしめ縄飾りをつけました

null


そして年賀状・・・

あけましておめでとうございます

今年も大勢の友人知人に出しました  

寒中見舞いと合わせて000枚・・・

null

明けましておめでとうございます
ご家族お揃いで良い新年を
 お迎えのことと存じます
暮に八三歳の誕生日を迎えました
心身ともに健康で令和の時代を迎えられた
ことに感謝しているところです
昨年は悲喜こもごもの一年でした
親しい友人知人が重い病に罹ったり他界したりとショックが多い年でした
今年は気分を新にして孫たちにパワーをもらいながらグランドゴルフやゲートボール渓流釣りなど多彩な趣味で余生を楽しみたいと存じます 今年もよろしくお願い申し上げます
 令和二年 元旦 松岡今朝男




いつも「字が小さすぎる・・・」 と言われるけれど・・・

やっぱりこの1年間のことを纏めるとなると字数が多くなってしまいます

今年も何人かから「年賀状を出すのは今年まで・・・」

という年賀状も・・・

が  まだまだ気分が乗れば季節のたよりも合わせて続けたいと思っています

今年の元旦も仙人の棚田展望台で
初日の出大イチョウ太鼓を打つというので見に行こうと張り切っていたら
あいにく風邪気味になってしまい・・・

布団の中で遠雷のよな太鼓の響きを聞く羽目になりました

今年もたどたどしいブログながらご笑覧ください

コメントが横文字ばかり多いので「なんじゃこりゃー」

と受け流していたら・・・ 
無知の悲しさ・・・
 ちゃんと「日本語に翻訳」とあるところをクリックしてやっと翻訳されたのを読んで理解することができました
こんなに多くの国まで広がっているのかと感激でした

コメントを励みにしてがんばりますのでよろしく・・・

20/01/02


Prev [P.1/40] Next

プロフィール

  • 民俗学者柳田国男が椎葉を訪問したとき最初に足を踏み入れた大イチョウの里松尾が私の地区です ボケ防止にとパソコンをはじめてようやくブログまでたどり着きました。これから椎葉の四季を紹介していきますのでよろしく・・・

カテゴリ

最新のブログ

過去のブログ

QRコード

リンク

コンテンツリスト

ページのトップへ戻る