椎葉山仙人

仙人の棚田風景

田植えが終わった棚田に梅雨時期の花々が彩を添えてくれています

null


null

が・・・  雨に濡れてこその美しさ・・・ 


null

艶めかしさを発揮する花々なのに・・・

null

最近の少雨空梅雨で元気がない様子・・・

null

今年のアジサイは花芽が少ないようです

null

と・・・ 今日は 久しぶりに梅雨らしい雨・・・

谷川が少し増水したところで・・・  

秘密の穴場徘徊です

null

と・・・  29センチの大物がかかりました

null

めずらしくマスも釣れたりして・・・

谷川徘徊もほどほどに・・・

と 家族からくぎをさされても・・・  ついつい足が向かってしまう昨今です

19/06/14


オンリーワン

千古の昔からどこの家庭にもあったであろうカマド・・・

ある程度の年配の方なら、その前にしゃがみこんで焚火をしていた母の姿を・・・
遠い郷愁として思いおこすのではないでしょうか

null

が  最近では 電化・ガス化など多様な文化の普及で
ほとんど見かけなくなったかまどですが・・・

null

我が家では火の神様に見守られながら・・・

今でも・・・ 
春秋の彼岸には団子を蒸したり・・・  正月にはもち米を蒸したり・・・

 

null

タケノコを湯がいたり

null

ワラビや山菜のあく抜きに使ったり・・・

家内がこんにゃく作りをしたり・・・

null

ニワトリをつぶしたときは白湯を沸かして羽毛をむしったり・・・

null

イノシシの骨をグツグツと長い時間をかけて焚いたり・・・

null

などなど重要な存在です

ところが・・・

長年使っていたかまどが老朽化して買い替えなくてはならなくなりました


前のかまどより一回り大きなカマドにして・・・

ハガマも一回り大きな 昔言う5升だきに買い換えました

そこで蓋作りが山仙人の出番となりました

いろいろ思案の末に  ハガマの直径が36センチ・・・

これの蓋となると40センチ以上の板が必要です

昨年伐採した樹齢50年の杉の木の元バチに目をつけて・・・

null


null

そこは使い慣れたチェンソーで夫婦割りにして 中抜きで板を取り・・・

null

円く切りぬきながら・・・

null

コツコツとチェンソーと手ノコ、カンナで仕上げていきます

null

粗削りながら出来栄えは上々( ^ω^)・・・

null

ちなみに「爺作 令和元年5月1日作」 と書いておきました

こうしてオンリーワンのハガマの蓋ができました

昔 昔の古老から「足型は消えても手型はのこるもの・・・」と聞いたことがありますが

我が家の築140年の古民家のようにこのオンリーワンのハガマの蓋も・・・

令和が次の元号に代わるまで使われるかも・・・

null

が・・・ 人類のあくなき文化生活の追及は

都会では台所をキッチンと言い・・・

まな板も包丁も不要になった と 食文化を変えていきよるとか・・・

その内にこのカマドも・・・   山仙人も・・・

化石のような不要な存在になって消えていく時代が来るのでしょうかねーー???

とは大袈裟かなー( ^ω^)・・・









19/05/30


草川小学校と椎葉村小学校の交流学習

ずいぶん前から例年開催されている門川町草川小学校との交流学習が
5月15日から2泊3日で開催されました

学校行事のことで老骨の山仙人には詳細な内容は把握できませんが、感じたところだけアップしてみました

過不足や不備・誤解等があったら「コメント」でご指摘をお願いいたします

今年は草川小学校から5年生約30人が椎葉村内の各小学校に分散して交流学習が開催された模様です。

そのうち松尾小学校では男子生徒6人・女子生徒4人を受け入れました

そのうち我が家では5年生の佑典が居るので男子生徒6人を受け入れることになりました


女子生徒4人は女子生徒の家にそれぞれ分宿です。

null

交流会の1晩はふれあいセンターで全体会の歓迎会があった模様でした。

そして2晩めは我が家で・・・

歓迎は我が家お決まりのバーベキューパーティーで( ^ω^)・・・

近隣の子供たちも交えての歓迎会です

null


null

ソーメン流しが大好評でした

null



近くの父兄や・・・  先生たちも参加して・・・

null


null
時間の経つのも忘れて・・・ 終わりは花火で・・・

大広間での就寝  
なかなか寝付かれなかったようで遅くまで騒いでいたが・・・

null

1夜明ければ・・・ 寝相がよかったとは見えませんねーーー

朝食会もにぎやかに

null

登校前のひと時は・・・

池でしばらく鯉を追っかけて・・・

null


null

早朝散歩で犬たちとも仲良くなって・・・

null


null

大海での釣りとは勝手が違うねーーー

null


null


登校風景

そしていつものように7時5分には登校に出発です

null

我が家からの登校は上り坂の道路が300メートル・・・アジサイロードを登ります

null


null

そしてみんなと合流したら・・・ だらだら下り道路を800メートルの通学路です

null

大勢での通学は活気があります

海岸地帯育ちの子供たちは山地民族の子供たちの日常生活をどう感じたのかなーー

が  同じ5年生同志  3日間ではあるけれど意思疎通は早いようでした

迎えられた方も迎えた方もいい思い出になったことでしょう












19/05/25


田植えも終わって( ^ω^)・・・ ホッ

集中豪雨が過ぎてほっとした21日・・・

田植えをしました


null

今年までは何とか田植え機に乗ることができました

null

孫が勝手にスマホを持ち出してシャッターを押してくれました

null

植え終わってホッとしているところです

null


null

仙人の棚田はいま田植えの真っ最中です

null

田植えが終わったら5月25日はマチュピチュコンサートです

null

大イチョウ公園がリニューアルオープンして祝賀会です

のぞいてみませんか


19/05/22


扇山開き



5月12日に扇山開きに参加してみました

新緑がまぶしい絶好の登山日和に恵まれて・・・
null

熊本や南阿蘇の朋友たちと・・・

null

諸塚村南川の神楽で知り合った鹿児島のメル友にも声掛けしたら・・・

朝の4時から準備をして・・・ 人吉から不土野峠から川の口に下りてと・・・

道に迷いながらもはるばると参加してくれました

何とか開会式には間に合いました

null

まず初めに山の安全を祈願して・・・

null


null

今年も扇太鼓による山開き太鼓が山々にこだましました

null

村長さんや緑の少年隊によるテープカットで登山開始です

null

道中ではつつじやシャクナゲの花々に目をうばわれながら・・・

null


null

1時間ほど登ったところに山小屋があり清水が湧いていて・・・

高峰の冷たい清水にのどを潤して・・・

null


山小屋で標高1560メートルとか

それから約30分登ってようやく頂上に着きました

null

360度のパノラマは見飽きることはありません

毎年恒例の緑の少年団の合唱・尾向小学校校歌が山々にこだまして・・・

null

今年こそは最年長記録を・・・ と 意気込んで登ったけれど

85歳の先輩が登っていました

来年こそは・・・













19/05/13


Prev [P.1/38] Next

プロフィール

  • 民俗学者柳田国男が椎葉を訪問したとき最初に足を踏み入れた大イチョウの里松尾が私の地区です ボケ防止にとパソコンをはじめてようやくブログまでたどり着きました。これから椎葉の四季を紹介していきますのでよろしく・・・

カテゴリ

最新のブログ

過去のブログ

QRコード

リンク

コンテンツリスト

ページのトップへ戻る