椎葉山仙人

タケノコを  孫と探して  かけおらび(大声で呼び合う意味の方言)

今年もSさんの家の前のいっきんなしの花が満開になりました

子供の頃には花よりも実を楽しみによじ登ったものでしたが・・・

今では花はついても実にはならないようです。


20180403-003.jpg


そして我が家の裏の道路端に10年ほど前に植えたしだれ桜が・・・



20180403-008.jpg

20180403-006.jpg

今年はことのほか見事に咲きました

20180403-001.jpg

少し早いかなと思いながら・・・
春休みをもて余している孫とタケノコを探しに行きました

広い竹林を散策しながらようやく1本見つけました

タケノコを  孫と探して   かけおらび


20180403-004.jpg

掘るところの写真を撮りそこねて残念・・・










18/04/03


峰は雪  ふもとは桜の  彼岸かな   (駄作)

山桜前線が耳川を北上して松尾まで咲き登ってきたのに・・・


20180323-022.jpg

東京地方に60数年ぶりと言われる大雪をもたらした寒波は

椎葉でも高い峰々にはきわ雪を降らせました

20180323-033.jpg

それでも三寒四温と春は日々木々の芽をふくらませています

20180323-019.jpg


20180323-030.jpg

旬の味覚を運んでくれるタラの芽も日増しにその膨らみを増してきています

20180323-036.jpg


20180323-015.jpg

いろんな春の花々が競いあって咲き誇っています

20180323-028.jpg

ボケの花もつぼみをふくらませてきました

20180323-027.jpg

スモモの白い花も・・・

20180323-025.jpg

そんな中を子どもたちは山桜を眺めながら元気に登校です

昨日23日は小学校の卒業式でした

6人一緒に登校していたHちゃんが卒業して・・・

ちょっとさびしくなります

20180323-018.jpg

忙中閑を見つけては・・秘密の谷を徘徊です
大きいので18センチ まだまだ小さいけれどまるみをまして肥えてきた感じ・・・

20180323-037.jpg

釣り過ぎに注意しながら・・・

20180323-004.jpg

お彼岸に帰省した人たちには何よりのご馳走でした






18/03/23


釣れすぎ・・・

昨夜から雨が降りはじめたので久しぶりに買い物かたがた日向に下ってみれば・・・

山桜があっちこっちの山肌に咲きはじめています

つつじ・・水仙と花盛りでした

午後は早めに帰ったので・・・

雨上がりでわずかに増水しているかな??

20180316-dscf5624.jpg

そこで秘密の谷へ・・・ 4時から6時まで・・

20180316-003.jpg

案の定  釣れすぎました

が・・大きいので17センチ  まだまだこぶりながら

ちょっとは肥えてきた感じ・・・  

最近 渓流釣りが日課になってしまいました

18/03/16


新燃岳噴火  近隣市町の難儀をお見舞い申し上げます

高原町・・・ 昔  昔  青春時代の1年間お世話になったことを思い出しながら・・・

新燃岳の爆発で恐々としている様子がテレビで放映されているのを見て

お見舞い申し上げます


1421メートルの新燃岳から噴煙が4500メートルも吹き上げられるなら・・・

1340メートルの笹ノ峠からも見れるのではないかと・・・

3月10日の朝 登ってみました

久しぶりの登山です

3月とはいえ厳しい冷え込みで我が家でも零下・・・

道中には霜柱や

20180311-dscf5628.jpg

20180311-dscf5629.jpg


残雪も・・・ 先ごろからの木の芽起こしの雨にも溶けずに残っています

20180311-078.jpg

峠に登る道すがらにはもみの木やブナの原生林が続きます

20180311-082.jpg


20180311-084.jpg

道のくぼみ・・・  先人達が昭和の初期まで主要道として往来した神門往還・・・

その道のくぼみは駄賃つけの馬の蹄や人の往来によって掘れたであろうと・・・

想像すると歴史の深さと先人達の営みを痛感します

20180311-dscf5635.jpg


20180311-dscf5638.jpg

鬱蒼とそびえるブナの巨木・・・

20180311-dscf5650.jpg

斧が入らない原生林には悠久のパワーをもらいます
20180311-dscf5652.jpg

20180311-dscf5640.jpg

20180311-dscf5632.jpg


途中にはブナの倒木も・・・

20180311-dscf5654.jpg
古老木がその種子を残して次世代につないで・・・

倒木となり・・・ 朽ち果てては子孫の木々の肥料になっていく・・・

そんな事を考えながら先ごろから他界していった先輩長老のHさん・・ 
Tさんを連想しながら・・ しばし佇みました



そしてようやく頂上です

20180311-dscf5644.jpg

美郷町南郷区の里ざとは朝もやに霞んで幻想的な世界です

20180311-dscf5645.jpg

さて・・・ 目的の霧島連山は南方向か?

が  そっちは木々に視界を阻まれて見透しがききません

噴煙をみるために手ごろの木によじ登ってみたが・・・

20180311-dscf5642.jpg
テレビで見るようなきのこ雲は見当たりません

考えてみれば 噴火したときしか見えないことに気づきました

20180311-dscf5641.jpg

が・・南方向に やおらたなびく噴煙らしき雲が確認されました

が・・ 足場の悪い木の上からは良いシャッターは切れませんでした



北東方向を挑めば・・・
諸塚山のモザイク模様の山々から・・・

20180311-073.jpg

白い雪をかぶった九重連山まで見透せました

阿蘇方向に見えるあの高い山は・・・  阿蘇連山の一つか???

20180311-076.jpg


20180311-dscf5655.jpg
快晴に恵まれた登山になり大自然の恵みをたっぷりと満喫しながら・・・

しばし時を忘れて桃酔しました

18/03/11


冬から春へ

しばらくブログアップをサボっていた間にカメラには随分たまってしまったので・・

遅れながら紹介しましょう

先ごろ(118日)の未明に東の空に浮かんだ奇雲・・・

80年間生きていても初めて見る奇雲に急いでシャッターを・・・

20180305-dscf5565.jpg

ニュースで ロケット打ち上げ後の雲だったとか・・・
20180305-dscf5570.jpg


20180305-dscf5571.jpg

東北地方とは比較にならないけれど・・・

椎葉でもけっこう雪が降りましたね(2月1日)

20180305-dscf5591.jpg

子どもたちは大喜びしながら登校です

20180305-dscf5590.jpg

登校に付き合っているこっちは震え上がっているのに・・・

雪をかき集めて大喜びです

20180305-dscf5599.jpg

登校を心配した校長先生が途中まで迎えに来てくれました



そして・・・  ようやく初漁に出かけてみました(3月4日)

水量が少ないやら寒いやらで漁果は・・・

型が小さいやらやせている感じで・・もうしばらく控えたほうが・・・

20180305-dscf5621.jpg

三寒四温と雨が多くなった感じで

谷の水が増水して周辺の落ち葉を押し流すと・・・

その中に潜んでいた昆虫をエノハが食べて・・・ 大きくなっていくのだろうなー・・・
などと想像しながら待ちましょうか!!!

18/03/05


Prev [P.1/33] Next

プロフィール

  • 民俗学者柳田国男が椎葉を訪問したとき最初に足を踏み入れた大イチョウの里松尾が私の地区です ボケ防止にとパソコンをはじめてようやくブログまでたどり着きました。これから椎葉の四季を紹介していきますのでよろしく・・・

カテゴリ

最新のブログ

過去のブログ

QRコード

リンク

コンテンツリスト

ページのトップへ戻る